株式会社三佳の沿革

当社沿革

平成3年(1991年)

3月:中日本パープル創業。
警報装置付現金輸送車導入。
12月:株式会社パープル設立
オフィス用上質再生紙の販売開始

平成4年(1992年)

4月:リボン・リフレッシュ・サービス開始

平成5年(1993年)

1月:家庭用再生紙(ティッシュペーパー、トイレットペーパー等)の販売開始。

平成6年(1994年)

9月:トナー・リサイクル・サービス開始。

平成8年(1996年)

4月:ISO14001認証取得に向けて活動開始。
11月:大型特殊粉砕機と大型特殊粉砕機搭載車(警報機付現金輸送車)を導入。
機密抹消処理の新システムを開始。

平成9年(1997年)

10月:ISO14001認証取得申請。

平成10年(1998年)

5月:CIを導入。社名を株式会社三佳に改称。
大型特殊粉砕機と大型特殊粉砕機搭載車(警報機付現金輸送車)を導入。
訪問&現地処理システムを開始。
ISO14001認証取得。(認定期間JET)
オフィス用不要書類回収ツール「エコボックス」販売開始。

平成12年(2000年)

4月:新型回収ツール鍵付きボックス販売開始。

平成14年(2002年)

10月:磁気媒体処理サービスを導入。

平成16年(2004年)

10月:ダイレクト溶解処理サービスを開始。

平成18年(2006年)

7月:ハイブリット車を1台増車。

平成20年(2008年)

4月:環境事業部を増設。

平成21年(2009年)

7月;ISO14001JQA財団法人日本品質保証機構に変更
特許取得(NO.第254948号)
MIR式ロータリー連続炭化装置の製造販売を開始。

平成22年(2010年)

機密情報を犯罪や災害から守って管理するための情報セキュリティマネジメントシステムISO27001の認証を取得しました。